動物手術センター

動物手術センター…犬・猫・フェレット・うさぎ・ハムスター・小鳥・亀などの手術を行ないます

手術時間

24時間
随時

検診時間

9:00AM〜11:00PM

検診休診日

火・水・木






右腎被膜切開(腎周囲のう胞)

メイちゃん 17歳 猫 雑種 ♀避妊済

 年末より腹囲膨満がひどくなり、それがどんどん大きくなってきました。かかりつけ病院では、“腹腔内に何かがあって、それが影響している。 余命2ヶ月”と一月の時点で言われました。腹腔内の大きくなっているものが破裂して出血するか、他の臓器を圧迫して呼吸困難になり、死亡するかのどちらかしかないという事でした。
 腎臓の血液の数値も高く、手術は不可能とされていました。その時は症状はまだそんなになかったのですが、腹囲の膨満は明らかに異常で、その後のことは予想できました。
 そこで友人の勧めもあり、記憶に残っていたアニマルメディカルセンターに相談をしました。詳しい検査の結果、“内科療法での治療をし、数ヶ月単位の延命をすることも一つの選択肢ですが、今ならコンディション的にも手術が可能な状態です”という先生のお話に、手術を選択しました。他院ではできないといわれていたので、やってあげたかったのです。
 手術当日はとても不安がありましたが、手術は無事に終了し、なんとその日の夜には退院する事ができ、自宅で水も飲み、食事をし、歩く事が出来ました!驚きました。
 翌日にはエリザベスカラーが付いているのにソファに飛び乗ったりもできました。尿の色などで一喜一憂もしましたが、日増しに元気になっていくメイをみて、傷口の消毒や投薬や食事管理も頑張ることができました。
 17歳の高齢ではありますが、大きな手術を乗り越えることができ、術後の経過も、びっくりする程安定していたので、手術を選んで、本当に良かったと思います。今は手術で短くなった毛が早く生え揃うといいな・・・・・などと願っています。(笑)