動物手術センター

動物手術センター…犬・猫・フェレット・うさぎ・ハムスター・小鳥・亀などの手術を行ないます

手術時間

24時間
随時

検診時間

9:00AM〜11:00PM

検診休診日

火・水・木






複数体表腫瘍切除(化膿性脂肪織炎)

モジャちゃん 2歳 犬 トイプードル ♂去勢済

 

 体幹の毛色が一部変わってきていたのには気が付いておりました。サマーカットをしてもらい、毛を短くしてみた所、その部分が無数に腫瘍が点在しておりました。触ると少しゴリゴリしていて、脂肪か何かかとは思っていました。
 インターネットで調べてみると、しこり=癌という情報が沢山あり、とても怖くて心配になってきました。これは大きな病院で詳しく見てもらった方が良いと判断し、飼い始めの頃お世話になったアニマルメディカルセンターを受診しました。そしてしこりは病理結果によって、治療法の選択がある事、しこりが身体に存在すること自体、通常の事ではないのだという事をしっかり説明して頂き、理解できましたので、すぐに「動物手術センター」にて摘出手術をしてもらい、病理検査をお願いしました。
 モジャは病院のスタッフの方々を大変気に入ったようで、退院時はなんだか名残惜しそうにしていました。 手術後1週間は、食欲がなくなってしまいましたが、5日間仕事を休んでつきっきりでケアしました。投薬は補助食品での投薬法を教えて頂き、うまく投薬する事が出来ました。ですから病院がトラウマにはならなかったみたいです。
 現在は病理結果も出て、それに対する適切なお薬の投与を行っておりますが、コンディションはとても良くなりました。
一度に何か所も手術をしてもらいましたので、傷口の事やその他色々心配なこともありましたが、不安を取り除くには「きちんと診断をしてもらう事!」このことに尽きると思いました。