動物手術センター

動物手術センター…犬・猫・フェレット・うさぎ・ハムスター・小鳥・亀などの手術を行ないます

手術時間

24時間
随時

検診時間

9:00AM〜11:00PM

検診休診日

火・水・木






肝臓腫瘍(肝癌)・前立腺肥大・精巣腫瘍

ランちゃん 12歳 柴犬

 

 いつもはとっても楽しみにしているはずのお散歩に、ある日突然行きたがらなくなり、そのまま動かなくなり、グッタリとしてしまいました。しかし、今思うと確かに以前から多飲多尿がありました。
 これはおかしいと思い、近所にある「東京動物夜間病院」にかかることにしました。今までとても元気で健康に過ごしておりましたので、色々と検査を受けることは初めてでした。
 検査の結果を聞いてびっくりしました。肝臓に腫瘍があり、腹水も貯まっており、心臓も悪いという事が判明しました。手術を考えた方が良いとのお話でしたが、安楽死も考えるほど重症でしたので、手術を受けるかどうか家族で悩みましたが、やはり、元気になれる可能性があるのならと、手術をお願いする事に決め、「動物手術センター」に移送し、直ちに手術を受けました。
 手術は無事に終わり、1週間位でほぼ今までと変わらない生活に戻る事が出来ました。これには本当にびっくりです。
今まで家では、割と元気に暮らしていましたので、本人も今回の出来事はショックだったようで、シュンとしていましたが、術後、家に帰ると階段をあがるくらい元気が戻りました。
 術後、自宅では腹部の傷口が気になるのか、2〜3日は座れないようでした。薬も何回かはスムーズだったのですが、そのうちに咬みつかれるなどのハプニン グもありま したが、ランの為に一生懸命ケアをしました。肝臓の腫瘍は、組織検査の結果、癌である事が判りましたが、今後はランの体の病気のことをきちんとわかった上で生活ができますので、わからないでそのまま 生活をしているよりも、ずっと前向きに暮らすことができると思っております。
 手術を受けて良かったです。